ボディサイズが大きいことはいいことか?

ボディサイズが大きいことはいいことだ

アメリカで作られている車の一番の特徴といえば、ボディサイズが大きいことです。
中に乗る人間も日本人より大きな体格を持っているのですからそうなるのもわかりますが、それにしても大きすぎます。
国産車ではいくら大きくても全長5メートル前後、全幅は2メートルに達することはなく、世界的に見ても小さなボディ寸法を持つものですが、アメリカの車は、ピックアップトラックのフォード・F-150のような全長6メートル、全幅2メートル以上なんて車はざらで、国産の3ナンバー車が小さく見えてしまうほどなのです。
これだけ大きければ体格の大きなアメリカ人が複数乗ってもたくさんの荷物積んでも窮屈なことはないでしょう。
しかし、その反面、小回りが利かない、重たくなるので燃料代がかかる、市街地などにある路地に入ることができないなどのデメリットも存在します。
ただ、最近のアメリカ車は国産の3ナンバー車くらいのサイズまで小さくなっており、日本で乗っていても下町の細い路地以外のほとんどの道を走ることができるようになりました。
更に最近では5ナンバークラスとほぼ同サイズのアメリカ車が販売されているので、「アメ車はデカくて、燃費が悪くて、日本ではつかない」という既成概念もそろそろ更新しなければいけなくなりました。

 

アメ車買取