車検 対応パーツ

車検対応パーツは本当に対応?

ここ最近自動車パーツの中でにぎわいを見せているのが車検対応パーツというものです。

 

ご存じのとおり日本には厳しい車検制度があり、派手な改造ができない環境となっているのですが、昔は純正部品以外のものが付けられているだけで車検をパスすることができなかったのですが、保安基準の改正である一定の条件に合致していればそれは純正品と同じ扱いをするようになったのです。

 

そのパーツのことを車検対応パーツというのですが、どのパーツも必ずそれ示すプレートや証明書が付けられています。

 

はっきり言ってチューニングパーツなどと比べると交換することによる効果は低いのですが、パトカーや警察の目におびえながら走らずに済むのが大きなメリットとなっています。

 

しかし、この車検対応パーツを付けたとしても必ずしも車検をクリアするとは限りません。

 

車検対応パーツというのはそのパーツ単体での性能であって組み合されるものによっては規定の条件をクリアできない場合があるのです。

 

例えば車検対応マフラー、これを付けただけなら既定の音量をクリアできるのですが、例えばフロントパイプを交換してあったとか触媒がスポーツ触媒に交換されてあったとことで音量が若干上がり、それで車検をクリアできなかったという話はよくあることです。

 

トータルでチューニングするのがセオリーなのにそうすると車検をクリアできなくなってしまうというのも面白い話です。