早く走るための4WD

早く走るための4WD

フルタイム4WDには生活4WDのほかにスポーツ4WDといわれるものがあります。

 

国産車では、三菱のランサーエボリューションシリーズ、スバルのWRX STI、日産のGT-Rなどに採用されているのですが、4WDの持つ駆動力を悪路走破性として使うのではなく、エンジンが生み出したパワーをいつなんどきでも確実に伝えるために使っているのがスポーツ4WDといわれるものなのです。

 

車を前に走らせようとするトラクションは2つのタイヤで与えるより4つのタイヤで与えたほうが確実に無駄なく伝えることができます。

 

小型犬が走ろうとして、それを押さえつけようとリードを引っ張るときにかなり力がいるという事でも理解できると思います。(犬は四輪駆動です)

 

それをタイムアップのために使うのがスポーツ4WDです。

 

更に4WDではタイヤそれぞれのトラクション量をうまくコントロールすることでより一層優れた走行性能を発揮することができるので、そういった面でもタイムアップにつながることになります。

 

構造は生活4WDとさほど変わらないのですが、制御方法が非常に複雑なものとなっています。

 

生活4WDが2WDと4WDを切り替えるのに対して、スポーツ4WDはほとんどの場合、常に4WD状態であって、切り替える代わりに電子制御されたセンターデフによって走行状態にあったトラクション配分を常に行っています。

 

車によってその範囲は違いますが、パートタイム4WDのように前後均等に配分する状態から、極端に前寄り、後ろ寄りに変化させ、コーナリング性能をも左右させるような制御を行っています。

 

優れた車では前後のデファレンシャルギヤと共に制御し、タイヤ一つ一つのトラクション配分まで考えられているものもあります。

 

見た目の派手さではドリフト走行などがしやすいFRにはかないませんが、本当の早さ、タイムアップできる駆動方式といえばこのスポーツ4WDにかなうものはありません。