女性向けに工夫されている軽自動車

女性向けに工夫されている軽自動車

乗用車というのは基本的にどんな人間が乗っても大丈夫なように作られているのですが、中には、その車のデザインやイメージからおのずと乗る人間が絞られるものもあります。
最近大人気の車といえば、燃費が良い軽自動車ですが、その中にそういったある意味ユーザーを限定するような車があるのです。

 

1つは、標準モデルに女性らしいインテリアやノスタルジックで可愛いデザインをあしらった、通称「おんな車」といわれる女性向けの軽自動車です。
主に独身女性や子供のいない若い奥様向けに作られています。

 

もう1つは、スーパートールワゴンとかハイトワゴンなどといわれる異常に全高の高い軽自動車でスライドドアを備えている車です。
この車は通称「ママさん車」、小さな子供を抱えたお母さんが使いやすいようにと考えられた車で、少しばかり子供が暴れても大丈夫なくらいのキャビンの広さを持っています。

 

この2つの車に間違っても男性が乗ることがなく、たまに乗っているのを見ると「奥さんのを借りてきました」オーラがバンバンに出ているのです。
ただ、この2つの女性専用車ともいうべき車は使い方が難しい車でもあります。

 

小さな子供がいるママさんでありながら、独身女性が乗るような車に乗っていると、何か心の奥で違和感を感じることがあるのです。
頑張るのはその人次第ですが、同じ女性専用車といわれる車でも、自分の立場にあった車を選んでほしいものです。