人前で歌うのが苦手な理由

人前で歌うのが苦手な理由

先日、中学校時代の同窓会がありまして、懐かしい思い出話に花を咲かせました。

 

1次会だけでは話し足らず2次会会場であるカラオケへ。このカラオケも中学校時代よく来た場所です。

 

1つ変わったことは自分から歌うことが何とも恥ずかしく思えて、自分からマイクをとる気持ちになれなかったこと。

 

歌うのはもともと嫌いじゃなくて、音痴というわけでもありません。昔は積極的に自分から歌っていたものです。

 

大人になると物事を客観的にみるようになりますが、それが悪い方向に出てしまい、今のような精神状態を作り上げていったのかとも思います。

 

例えば、自分が歌っているときは自分の世界に入ることによって満足しますが、自分以外の誰かが歌っている時、「あ~こんな風にみられているのか」とか「こう思われてたらどうしよう」とか余計な事を考えてしまうようになります。

 

余計なことを考えずただ楽しめればいいだけの話なのですが、こうなってしまうと中々もとには戻れない自分がいます。

 

人前に出て話す。またはカラオケなどで歌うことも慣れだとは思いますが、なかなかこういう機会も少なくなっていくので、解消するのにも時間がかかりそうです。